コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直流送電 ちょくりゅうそうでん DC power transmission

4件 の用語解説(直流送電の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直流送電
ちょくりゅうそうでん
DC power transmission

一般に交流による送電に対して,直流による送電をいう。実施ならびに計画されている構成は,直流発電による直流送電ではなく,直流送電線の両端は交・直流変換機を介して交流送電系統と連系されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

直流送電【ちょくりゅうそうでん】

直流高電圧による送電方式。送電中の損失が少ない,絶縁が容易,安定度が高い等の長所をもち,長距離送電ケーブルによる送電に適する。発電・配電には,送受両方に交直変換装置を設ける交流方式が有利なので従来ほとんど顧みられなかったが,整流器等の発達により近年着目されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくりゅうそうでん【直流送電 DC transmission】

高電圧の直流で大電力を輸送する送電方式。送電線路の両端に交流と直流の間の電力変換設備を必要とするが,三相交流で送電する場合と比較して送電線の本数が少なくてすむので,1000km以上の長さの架空送電線による長距離送電や,30km以上の長さの電力ケーブルを使った海底送電や都市内送電では経済的に有利となる。電力変換装置としては初期には水銀アーク変換装置が用いられていたが,高電圧大容量のサイリスター変換装置が使用されるようになって信頼度が大幅に向上し,その利用が最近急速にのびている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直流送電
ちょくりゅうそうでん

電力系統を直流を用いて送電する方式をいう。一般の電力系統では三相交流を用いた三相交流送電が用いられている。三相交流とは原理的には交流回路(単相交流)を三つ組み合わせたもので、これを3本の電線で接続するようくふうされており、単相交流に比較すると電力の発生、輸送面で経済的となる。日本においては、明治20年代の電力系統発足当時は210ボルトの直流送電方式が用いられたが、系統の拡大とともに電力の発生、輸送面から有利な3000ボルト交流送電方式へと移行した。電力需要の増大とともに明治後半には66キロボルトが、大正時代には154キロボルトが導入され、1952年(昭和27)に275キロボルトが導入された。このころから発電所が用地事情や環境面の制約などから遠隔地に建設され、ここで発生する大電力を需要の中心地まで効率的に輸送させるため、187キロ~500キロボルトの超高圧交流送電へと移行してきている。一方、直流送電方式は交流送電では実現できない利点を有していることから、部分的に検討が進められ、一部の系統において採用されてきた。直流送電のおもな利点は次のとおりである。(1)送電線路の建設費が安価なこと。(2)周波数の異なる系統間の連系ができること。(3)短絡容量を増大しないで設備強化ができること。(4)長距離・大電力送電に適していること(送電端と受電端の同期運転の必要性がないことから安定度面で有利となる)。一方、欠点としては次のとおりである。(1)交流から直流へ、または直流から交流へ変換する装置が高価であること。(2)大型の直流遮断器の開発が必要なこと。(3)高周波障害対策が必要なこと。
 直流送電の歴史は、日本では前述のように明治20年代の電力系統発足時にさかのぼるが、本格的に検討されたのは1940年代に高電圧水銀整流器が開発され、その後スイス、ドイツ、スウェーデンなどを中心に直流送電の試験設備がつくられ、実用化を目ざした研究が進められてからである。1954年に世界で初めて商業ベースとしてスウェーデン本土からゴトランド島への直流送電(2万キロワット、100キロボルト)が運転を開始し、1961年の英仏直流連系によって本格的な直流送電の実用化時代となった。その後日本でも長距離・大電力送電や海底ケーブル送電などを目的とした大容量・高電圧の直流送電設備が続々と運転を開始した。さらに技術的にも水銀整流器にかわるものとしてサイリスタ素子を用いた交直変換装置が実用化されている。おもなものとしては、50ヘルツ系と60ヘルツ系を連系するための佐久間(さくま)周波数変換所、新信濃(しんしなの)周波数変換所、東清水(ひがししみず)変換所、および海底ケーブルで連系するための北海道・本州間連系(北本連系線。北海道と本州間)、紀伊(きい)水道直流連系(四国と本州間)、電力の流れを制御するために設けられた南福光(みなみふくみつ)BTB(Back to Back=背中合わせの略。同一変電所内に2組の交直変換装置があり直流送電線が極端に短い)がある。[内田直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の直流送電の言及

【送電】より

…配電と区別する場合は発電所から需要者と直結している配電用変電所までの範囲をいう。交流を用いる場合を交流送電,直流の場合を直流送電という。交流送電は通常三相交流を用い,送電電圧によって超高圧送電,UHV送電などと呼ばれる。…

※「直流送電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直流送電の関連キーワード強電高圧送電送電容量超高圧送電低圧送電ロス地域間連携線MPPTフェランティ効果

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直流送電の関連情報