コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルアリー・レーン劇場 ドルアリー・レーンげきじょうDrury Lane Theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルアリー・レーン劇場
ドルアリー・レーンげきじょう
Drury Lane Theatre

ロンドンの劇場チャールズ2世の勅許を得た T.キリグルーによって,1663年王立劇場として開場。再三,火災や不振による閉鎖と再開を繰返しながら,多くの名優の出演をみた。 1747~76年 D.ガリック支配人となり,劇場機構や演出に改革を加え,すぐれた劇団をかかえて 30年間はなやかな歴史を残している。また 82~1802年には J.P.ケンブルと姉のシドンズ夫人が舞台と経営の両面で活躍,14~20年には E.キーンが劇場の名声を高めた。 80~1923年の A.ハリスと次の A.コリンズの支配人時代には豪華なオペラやメロドラマのスペクタクル的魅力で人気を得,ロンドンの代表的劇場となった。第2次世界大戦後はおもに『南太平洋』『マイ・フェア・レディ』『コーラスライン』などのミュージカルを上演。現在の建物は 1812年に建築したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドルアリー・レーン劇場の関連キーワードルーテルブールベネディクトシドンズ夫人ルピーノ一家シェリダンベンズリーアビントンウィーバージョーダンクライブドゲットリッチバルフムーアロイドシバークイン

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android