ドルアリー・レーン劇場(読み)ドルアリー・レーンげきじょう(英語表記)Drury Lane Theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルアリー・レーン劇場
ドルアリー・レーンげきじょう
Drury Lane Theatre

ロンドンの劇場チャールズ2世の勅許を得た T.キリグルーによって,1663年王立劇場として開場。再三,火災や不振による閉鎖と再開を繰返しながら,多くの名優の出演をみた。 1747~76年 D.ガリック支配人となり,劇場機構や演出に改革を加え,すぐれた劇団をかかえて 30年間はなやかな歴史を残している。また 82~1802年には J.P.ケンブルと姉のシドンズ夫人が舞台と経営の両面で活躍,14~20年には E.キーンが劇場の名声を高めた。 80~1923年の A.ハリスと次の A.コリンズの支配人時代には豪華なオペラやメロドラマのスペクタクル的魅力で人気を得,ロンドンの代表的劇場となった。第2次世界大戦後はおもに『南太平洋』『マイ・フェア・レディ』『コーラスライン』などのミュージカルを上演。現在の建物は 1812年に建築したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android