コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルン効果 ドルンコウカ

世界大百科事典 第2版の解説

ドルンこうか【ドルン効果 Dorn effect】

界面動電現象の一つ。液体内の微粒子が沈降する際に液の両端に電位差を生ずる現象。1878年ドイツのドルンE.Dornによって発見された。電気泳動の逆現象で,このときに液の両端に生ずる電位差を泳動電位migration potentialあるいは沈降電位sedimentation potentialという。【笛木 和雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドルン効果の言及

【界面電気現象】より

…この電位差を流動電位と呼ぶ。さらにコロイド粒子を重力によって沈降させたり,遠心力によって強制沈降させるときに液の上下に生ずる電位差を沈降電位(またはドルン効果)と呼ぶ。界面動電現象の相互関係を図2に示す。…

※「ドルン効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android