コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレスタット Dorestad

1件 の用語解説(ドレスタットの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドレスタット【Dorestad】

初期中世に栄えた,ネーデルラントの商業中心地。ユトレヒトの南東方,ラインレック両川の分流点に位置。当時活発な商業活動を展開したフリーシー人(フリースラント)による北西ヨーロッパ商業の要衝として7世紀前半に成立し,8世紀中ごろから9世紀後半にかけて繁栄した。9世紀中ごろからたびたびノルマン人に襲われて衰微し,ついに消滅した。発掘調査によれば市域は長さ約1km,横200~650mの規模で,遺物は外国からの輸入品が大部分を占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のドレスタットの言及

【商業】より

…ライン,ロアール両河にはさまれた地域とイングランドとの商業関係はすでに7,8世紀において緊密であったことが指摘されている。カントビク,ドレスタットがその中心であり,毛織物,毛皮,奴隷,穀物,塩,南方のブドウ酒などが取引された。この交易は9,10世紀にノルマン人の侵攻により一時混乱したが,やがて前述した農業生産力の増大と相まって,北海・バルト海商業圏が形成され,イングランド,スカンジナビア,さらに東方のスラブ地域が密接に結びつけられるようになった。…

【フリースラント】より

…数多くの湖と運河で結ばれた11の中世都市をスケートで駆け巡る競技は,冬の年中行事である。
[歴史]
 ローマ時代,フリーシー人はローマ帝国の国境であったライン川の外側(右岸)に住み,ドイツのウェーザー川に至るまでの北海沿岸に勢力を拡大し,ドレスタットを中心に旺盛な商業活動を展開した。フランク王国の勢力拡大とともに,フリーシー人の勢力圏の西半分はその影響下に入り,キリスト教化が進んだ。…

※「ドレスタット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドレスタットの関連キーワードオランダ独立戦争カリヨンネーデルラントフランドル楽派ボスユトレヒト同盟快楽の園聖ウルスラの聖遺物箱雪中の狩人スヴェーリンク

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone