コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロミティ

1件 の用語解説(ドロミティの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドロミティ

イタリア北部,トレントから北東方へ延びる東アルプスの支脈。フランスの地質学者ドロミューにちなんで名付けられたドロマイト(白雲石)が風化して尖峰,岩塔,針峰の連なる独特の景観を呈し,岩登り登山の好適地である。
→関連項目ボルツァーノ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ドロミティの関連キーワードトリエステトレント一寸延びれば尋延びるトレビス間が延びる生延びる落延びるサンビジリオ大聖堂トレチーメディラバレード逃延びる

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone