ドロミティ

百科事典マイペディアの解説

ドロミティ

イタリア北部,トレントから北東方へ延びる東アルプスの支脈。フランスの地質学者ドロミューにちなんで名付けられたドロマイト(白雲石)が風化して尖峰,岩塔,針峰の連なる独特の景観を呈し,岩登り登山の好適地である。最高峰マルモラーダ(3342m)。コルチナ・ダンペッツォ等のスキーリゾートがある。氷河地形やカルスト地形,生物化石など地形学的な価値が認められ2009年,世界自然遺産に登録。
→関連項目ボルツァーノ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android