コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロミティ

百科事典マイペディアの解説

ドロミティ

イタリア北部,トレントから北東方へ延びる東アルプスの支脈。フランスの地質学者ドロミューにちなんで名付けられたドロマイト(白雲石)が風化して尖峰,岩塔,針峰の連なる独特の景観を呈し,岩登り登山の好適地である。
→関連項目ボルツァーノ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ドロミティの関連キーワードトレンティノ・アルト・アディジェ[州]トレンティノアルトアディジェ州コルティーナダンペッツォトレチーメディラバレードコルティナダンペッツォリーフェンシュタールロック・クライミングマルモラーダ[山]アルプス[山脈]アルペディシウジドロミティ山地マルモラーダ山レト・ロマン語オルティセイカレッツァ湖ドロミテ山地ドッビアーコドロミーティラディン語ポルドイ峠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android