ドローソフト

IT用語がわかる辞典「ドローソフト」の解説

ドローソフト

コンピューターで画像や図形を作成・加工・編集するためのグラフィックソフトの一種。画像を座標や方程式などの図形情報の集まりとして表現するベクター画像を扱う。幾何学的な図形やイラストの作成に向き、画像を拡大・縮小・変形しても劣化しないという特徴がある。◇和製語。「ドローイング(drawing)+ソフトウェア(software)」から。「ドローソフトウェア」「ドローイングソフトウェア」「ドローイングソフト」ともいう。⇒ペイントソフト

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「ドローソフト」の解説

ドローソフト

直線や曲線を組み合わせて絵を描くタイプのグラフィック(画像加工)・ソフトのことです。幾何学的な図形や精密なイラストを描くのに向いています。図解を作るのにも向いているため、ワープロソフトやプレゼンテーション・ソフトに簡易的なドロー機能が搭載されていることもあります。データは内部的に数式として扱われるため、計算によって拡大縮小が可能です。そのため、サイズを変えても画質が落ちません。
⇨グラフィック・ソフト、ペイントソフト

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android