ドン・ザッキー(読み)ドンザッキー

20世紀日本人名事典の解説

ドン・ザッキー
ドンザッキー

大正・昭和期の詩人



生年
明治34(1901)年7月11日

没年
平成3(1991)年7月8日

出生地
東京

本名
都崎 友雄

経歴
現代詩の疾風怒濤時代に、銀座街頭をゴム長靴でのし歩き、戦闘的なダダイストとして活躍。築地小劇場での詩の朗読会の開催をはじめ、多彩な詩的活動は、詩壇の内外に衝撃を与えた。「黒嵐時代」を経て、「世界詩人」を主宰。超階級的な人間の普遍的、個人的純粋意識の確立を基調に「ドン創造主義」を提唱、主体的な革命芸術運動を展開。「文芸戦線」にも関係した。詩集「白痴の夢」(大正14年5月)は発禁処分となる。父の死を契機に詩と訣別し、市井に隠れ思想的遍歴を重ねる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android