コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイトハルト[ロイエンタールの] Neidhart von Reuental

1件 の用語解説(ナイトハルト[ロイエンタールの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナイトハルト[ロイエンタールの]【Neidhart von Reuental】

バイエルン出身のドイツの詩人,ミンネゼンガー。生没年不詳。推定詩作年代は1210‐40年ころ。最初はバイエルン公の,後にはオーストリア公の宮廷で活躍し,晩年のワルターフォン・デル・フォーゲルワイデと衝突した形跡がある。彼の残した全作品(約70編の舞踏歌)は,二つのタイプに分類される。ひとつは,牧歌的背景と騎士が村の娘にもてることをほのめかす会話とを中心にする〈夏の歌Sommerlieder〉で,もうひとつは,騎士がその恋人を騎士のまねをしたがる村の伊達者に奪われる物語風の〈冬の歌Winterlieder〉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のナイトハルト[ロイエンタールの]の言及

【ドイツ文学】より


[抒情詩のモティーフ]
 抒情詩ではトルバドゥールの様式を受け継いだミンネザングが成立し,貴婦人への愛の奉仕を最高の理念とする歌が多く作られた。ラインマルReinmar von Hagenauを頂点とする盛時のミンネザングは,この愛を神への愛にまで結びつけようとしたが,一方ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデは身分の低い娘を登場させて世俗の愛をうたい,あるいは政治的発言を織り込んだ格言詩をつくり,ナイトハルト(ロイエンタールの)などにいたると,騎士と農民の間の力関係の混乱がパロディの形をとって農村を舞台にした詩に反映されることになる。他方宮廷詩とは別に,《カルミナ・ブラーナ》のように,遍歴学生や農民によって歌われていた巷間の歌がたくましく育っていた。…

【ミンネザング】より

…一方,ミンネザング興隆の原動力は,エロスの歌を楽しむ人間集団の現世肯定的欲求にあり,そのような人々のために歌うミンネゼンガーの詩作態度も,倫理的たてまえと官能的本音の間を微妙に揺れ動いて,両者の種々の組合せの中から生まれるニュアンスの多様性を楽しむ独特の文学形式となった。初期のドナウ地方の詩人キュルンベルガーder Kürnberger,ディートマル・フォン・アイストDietmar von Aist,ライン地方の先駆者フリードリヒ・フォン・ハウゼンFriedrich von Hausen(1150ころ‐90),最盛期の代表的詩人ハインリヒ・フォン・モールンゲンHeinrich von Morungen,ラインマル・フォン・ハーゲナウReinmar von Hagenau,ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,崩壊期のナイトハルトら,愛という唯一のテーマを歌いながら,表現技術の面ではそれぞれに独自性をもつ。しかし,このジャンルの生産的な時期は1220年ころで終わり,その後は急速に亜流化していく。…

※「ナイトハルト[ロイエンタールの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone