コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガドロムシ(長泥虫)(読み)ナガドロムシ

世界大百科事典 第2版の解説

ナガドロムシ【ナガドロムシ(長泥虫)】

甲虫目ナガドロムシ科Heteroceridaeの昆虫の総称。成虫の体はやや長方形で,背面が平たい。触角は太く短く,雄の大あごは扁平で大きい。前・中脚の脛節(けいせつ)は扁平でとげを櫛(くし)状に並べる。跗節(ふせつ)は4節からなる。体長3~4mmの小型種が多い。英名はvariegated mud‐loving beetle。その名のように成虫,幼虫は水辺の泥や砂にすむことで知られる。タテスジナガドロムシHeterocerus fenestratusは日本各地,シベリア,ヨーロッパにも分布し,成虫は5月ころから田のあぜの泥の上などに見いだされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android