コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガドロムシ(長泥虫) ナガドロムシ

世界大百科事典 第2版の解説

ナガドロムシ【ナガドロムシ(長泥虫)】

甲虫目ナガドロムシ科Heteroceridaeの昆虫の総称。成虫の体はやや長方形で,背面が平たい。触角は太く短く,雄の大あごは扁平で大きい。前・中脚の脛節(けいせつ)は扁平でとげを櫛(くし)状に並べる。跗節(ふせつ)は4節からなる。体長3~4mmの小型種が多い。英名はvariegated mud‐loving beetle。その名のように成虫,幼虫は水辺の泥や砂にすむことで知られる。タテスジナガドロムシHeterocerus fenestratusは日本各地,シベリア,ヨーロッパにも分布し,成虫は5月ころから田のあぜの泥の上などに見いだされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android