ナガラ型建築(読み)ナガラがたけんちく(英語表記)Nagara style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガラ型建築
ナガラがたけんちく
Nagara style

インドのヒンドゥー教,ジャイナ教の寺院建築様式を地方的特色によって3区分する場合の一つで,北部型,インド=アーリア型ともいう。ビンドヤ山脈以北の地域において,主として8~13世紀に発展した。顕著な特徴は,ビマーナ (本殿) の上部を形づくるシカラ (高塔) の輪郭が砲弾状の曲線を呈し,その頂部に,縦溝のある円形クッション状のアーマラサーラカ (アーマラカ) と,水瓶状のカラシャを置いていることである。ブバネスワル,プーリ,コナーラク,カジュラーホに多くの遺構がみられ,スーリヤ寺カンダーリヤ・マハーデーバ寺などが著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android