コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナギーブ・マフフーズ Najīb Maḥfūz

世界大百科事典 第2版の解説

ナギーブ・マフフーズ【Najīb Maḥfūz】

1911‐
エジプト文壇の第一人者と目される小説家。カイロ旧市街のフサインモスクの近くに生まれる。エジプト大学(現,カイロ大学)の哲学科を卒業した。処女作《狂気のつぶやき》(1938)を発表して以来,今日に至るまで着々と力作を創作し続けている。カイロの下町を舞台にした多くの作品に彼の真骨頂がみられ,《バイナ・アルカスライン》(1956。邦訳あり)を第1部とし,いずれもカイロの下町の名を題名とした長編三部作は,アラブ文学史上記念碑的大作とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナギーブ・マフフーズの関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

ナギーブ・マフフーズの関連情報