力作(読み)りょくさく

精選版 日本国語大辞典「力作」の解説

りょく‐さく【力作】

① (━する) 力をこめて作ること。また、つとめ働くこと。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「し人の毎日力作して衣食すべきは、上帝の律法にして」 〔韓非子‐六反〕

りき‐さく【力作】

〘名〙
① 力をこめて作った作品労作。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「力作」の解説

【力作】りよくさく・りきさく

努力する。努力して作る。〔眉州遠景楼記〕風俗、蓋(けだ)し此(かく)の如し。故に其の民皆才智にして、本を務めて力作し、治め易くしてし。

字通「力」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android