コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力作 リキサク

デジタル大辞泉の解説

りき‐さく【力作】

力をこめてつくった作品

りょく‐さく【力作】

[名](スル)
つとめ働くこと。労働。
「人の毎日―して衣食すべきは」〈中村訳・西国立志編
りきさく(力作)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りきさく【力作】

全力をこめて作った作品。労作。

りょくさく【力作】

( 名 ) スル
一生懸命はたらくこと。 → りきさく(力作)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

力作の関連キーワードマクドナルド(John D. MacDonald)ショパン:3つのマズルカ/piano soloエルヴィーン・ギード コルベンハイヤーエリーザベト ランゲッサードナルド・マイクル トマスアンレップ効果(臨床医学)アブサロムとアキトフェルマーガレット マーヒーサーディク ヘダーヤトマカロニ・ウェスタンナギーブ・マフフーズクリスタ ウォルフクシェーメーンドラフロス川の水車場ダニー ミクソンゲルステンベルクイアン ワトソン思想(学術雑誌)復古やまと絵派フランク ロウ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力作の関連情報