コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタラージャ ナタラージャ Naṭarāja

2件 の用語解説(ナタラージャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナタラージャ
ナタラージャ
Naṭarāja

「舞踊の王」という意味。インド神話シバ神の異名,またその像。シバの活動は強く激しく宇宙の律動とつながって作用するといわれ,ナタラージャはそれを象徴的に表現したもの。シバの踊りには 108のポーズがあり,それらは9つの型に分類されるが,いずれも宇宙の創造,維持,破壊,幻惑,解放などのシバの機能を象徴するものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナタラージャ【Naṭarāja】

〈舞踏家の王〉の意で,ヒンドゥー教の主神の一つであるシバ神の別称。ナテーシュバラNaṭeśvaraとも呼ばれる。シバ神は演劇および舞踊の創始者,守護神とみなされ,現在のインド舞踊に際しても祈念され,片足を上げて踊るシバ神のポーズが演じられる。シバの熱狂的な激しい踊りは〈ターンダバtāṇḍava〉と呼ばれる。後代,彼の踊る姿を描いた彫像が盛んに作られ,現在でも南インドのみやげ物として数多く鋳造されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナタラージャの言及

【シバ】より

…常にヒマラヤ山中で苦行していたが,苦行の妨害を企てた愛の神カーマを,額にある第三の眼から発射した火焰で焼き殺したとされる。また舞踊の創始者とされ,ナタラージャNaṭarāja(踊り手の王)と呼ばれている。ブラフマーが世界創造神,ビシュヌが世界を維持する神であるのに対し,シバは世界破壊神である。…

【インド神話】より

…彼は牡牛ナンディンを乗物とする。彼はまた舞踊の創始者とされ,ナタラージャ(〈踊り手の王〉の意)と呼ばれる。さらに,世界を破壊するときに,恐ろしい黒い姿をとるので,マハーカーラMahākāla(大黒)と呼ばれる。…

【シバ】より

…常にヒマラヤ山中で苦行していたが,苦行の妨害を企てた愛の神カーマを,額にある第三の眼から発射した火焰で焼き殺したとされる。また舞踊の創始者とされ,ナタラージャNaṭarāja(踊り手の王)と呼ばれている。ブラフマーが世界創造神,ビシュヌが世界を維持する神であるのに対し,シバは世界破壊神である。…

【ヒンドゥー教美術】より

…シバには魔神を退治する激しい面と恩沢を与える温和な面とがあり,幅広い活動に応じて種々の姿をとる。本尊としてまつられるときはリンガ(男根)の形をとり,ナタラージャと呼ばれる舞踏像の作例も多い。以上の主神のほかに多数の男女の神々があり,低級神や魔神も少なくなく,神々の世界は広くその構成も不規則である。…

※「ナタラージャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナタラージャの関連キーワードヒンドゥー教建築ヒンドゥー教美術アヨーディヤーヒンズーヒンズー教ヒンドゥーヒンドゥー至上主義ヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典マタ(ヒンドゥー教)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone