コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタール共和国 ナタールきょうわこく

1件 の用語解説(ナタール共和国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナタールきょうわこく【ナタール共和国】

19世紀半ば,南アフリカインド洋側にボーア人が建てた国。現在は南アフリカ共和国ナタールNatal州となっている。1835年からのボーア人の内陸への大移動(グレート・トレック)の結果,ナタールに移動したボーア人は38年の血の河の戦でズールー族を破り,ナタール共和国を建国した。しかしボーア人に対し海への出口をふさぐため,イギリスは42年軍隊を送って共和国を攻撃し,翌年共和国は降伏,45年にはケープ植民地の一州となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone