コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタール共和国 ナタールきょうわこく

1件 の用語解説(ナタール共和国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナタールきょうわこく【ナタール共和国】

19世紀半ば,南アフリカインド洋側にボーア人が建てた国。現在は南アフリカ共和国ナタールNatal州となっている。1835年からのボーア人の内陸への大移動(グレート・トレック)の結果,ナタールに移動したボーア人は38年の血の河の戦でズールー族を破り,ナタール共和国を建国した。しかしボーア人に対し海への出口をふさぐため,イギリスは42年軍隊を送って共和国を攻撃し,翌年共和国は降伏,45年にはケープ植民地の一州となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナタール共和国の関連キーワードブリンクインド洋ボーア人南アフリカ戦争モーリシャスアジアアフリカ会議南アフリカ汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカのHIV

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone