コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタール共和国 ナタールきょうわこく

世界大百科事典 第2版の解説

ナタールきょうわこく【ナタール共和国】

19世紀半ば,南アフリカのインド洋側にボーア人が建てた国。現在は南アフリカ共和国ナタールNatal州となっている。1835年からのボーア人の内陸への大移動(グレート・トレック)の結果,ナタールに移動したボーア人は38年の血の河の戦でズールー族を破り,ナタール共和国を建国した。しかしボーア人に対し海への出口をふさぐため,イギリスは42年軍隊を送って共和国を攻撃し,翌年共和国は降伏,45年にはケープ植民地の一州となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ナタール共和国の関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)クワズールー・ナタール州クワズールー・ナタールピーターマリッツバーググレート・トレック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android