コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトロン化石人骨 ナトロンかせきじんこつNatron fossils

1件 の用語解説(ナトロン化石人骨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナトロン化石人骨
ナトロンかせきじんこつ
Natron fossils

1964年,タンザニアナトロン湖畔のペニンジで発見された,ほぼ完全な形の猿人下顎骨。この化石が埋っていた堆積層は古く,タンザニアのオルドバイ峡谷第2床と同年代 (約 100万年前) と考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナトロン化石人骨の関連キーワード少年犯罪水俣病オリンピック招致コスイギンゾンド深作欣二マルクス兄弟青色片岩相大前孝太郎竹本翔之介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone