コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベカ Omobranchus elegans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベカ
Omobranchus elegans

スズキ目イソギンポ科。全長 7cmになる。体は細長く,側扁する。吻は強く傾斜する。鱗はない。両顎の歯は櫛状で動かず,後端に大きな犬歯が1本ずつある。頭部に皮弁はない。背鰭後頭部に始り,尾鰭にいたるまで背部全長にわたる。腹鰭は喉位。体色は橙黄色で,体の前半に黒色の横帯がある。南日本岩礁潮だまりに普通にみられる。朝鮮半島や中国の山東半島にも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベカ
なべか / 那辺加
elegant blenny
[学]Omobranchus elegans

硬骨魚綱スズキ目イソギンポ科に属する海水魚。北海道南部から九州に至る日本各地、朝鮮半島南部、中国の山東半島に分布する。体も頭もよく側扁(そくへん)する。頭の背縁は丸く吻(ふん)部ではほとんど垂直である。頭には皮弁がない。体は黄色で、体の前半部に数本の特徴的な黒褐色の横帯がある。潮だまりや沿岸の岩礁域に生息するが、河口域でもみられる。体長8センチメートルぐらいになる。雌はオオヘビガイの殻、石の穴、ホース、空き缶など管状物に卵を産む。雄はこれを保護する習性があり、管状物から頭だけを出して警戒しているのをよくみかける。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナベカの関連キーワード有殻アメーバ類オオヘビガイコジュリンナベカムリ訪問

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナベカの関連情報