コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマク湖 ナマクこDaryacheh-ye Namak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマク湖
ナマクこ
Daryacheh-ye Namak

イラン北部,マルカジー州にある沼沢地と塩湖。テヘランの南約 110km,コム・マシレエ盆地に位置する。面積 1500~2000km2。湖水は北はエルブールズ山脈系,西はアラークなどの山地より補給されるが,涸れ川 (ワディ) が多く一定しない。黄色の砂地の先には白の塩 (ナマク) が浮び,その下に黒色の土地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナマク湖
なまくこ
Darycheh-ye Namak

イラン中北部の塩湖。テヘラン南方のカビール砂漠西端に位置する。湖水面積は季節により大きく変化する。ナマクは塩の意で、ザーグロス、アルボルズ両山脈から流れ込む岩塩を溶かした水がここで蒸発し、湖の周辺に純粋の塩の層を形成することからこの名がある。[香川優子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナマク湖の関連キーワードイラン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android