コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマコ類 ナマコるいHolothuroidea; sea-cucumber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマコ類
ナマコるい
Holothuroidea; sea-cucumber

棘皮動物ナマコ綱に属する動物の総称。体は軟らかく,前後に長い円筒形で,背面にはいぼ状の突起があり,腹面には未発達の管足が並ぶ。体の前端に触手の環があり,この中に口が開く。体の後端には肛門が開く。消化管は長く,輪をつくっていて,食道は石灰質環で囲まれている。幼生はアウリクラリア (→アウリクラリア幼生 ) で,これがドリオラリア,メタドリオラリアとなり,さらにペンタクラを経て成体になる。海底に生息し,砂や泥に混っている原生動物ケイ藻類を飲み込んで栄養としている。フジナマコマナマコなどは食用となり,珍味である。世界で約 1000種,日本では 60種以上が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナマコ類の関連キーワードカクレガニ(隠蟹)いりこ(煎海鼠)オオイカリナマコジャノメナマコナマコ(海鼠)イカリナマコクルマナマコウズラガイカクレガニユメナマコガラテア号ビワガイ深海動物ベントスキンコピンノ呼吸樹標本えら等割

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android