コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマジラ Albert Namatjira

1件 の用語解説(ナマジラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナマジラ【Albert Namatjira】

1902‐59
オーストラリアの画家。アボリジニー(オーストラリア先住民)のアランダ族出身。中央部のハーマンズバーグ伝道所に生まれ,牧童となり,のちに民芸品をつくって売った。1934年水彩画家レックス・バタービーが同伝道所に立ち寄り,ナマジラは絵具と画用紙を与えられたのがきっかけで彼に弟子入りし,38年メルボルンで個展を開いた。以後全国に知られ,高く評価された。オーストラリア中央部の風景を紫を多用した水彩画に仕上げる画風は,彼の息子とその他の亜流を生み,アランダ派と呼ばれて今日に至っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナマジラの言及

【オーストラリア】より

…オーストラリア自生のエートスを強調する文化ナショナリズムが台頭した1890年代の第1次文化興隆期には,ロバーツTom Roberts(1856‐1931)を筆頭に,マッカビンFrederick McCubbin(1855‐1917),ストリートンArthur Streeton(1867‐1943),デービズDavid Davies(1862‐1939),コンダーCharles Conder(1868‐1909)らの〈ハイデルバーグ派〉が印象主義手法をオーストラリア風に練り直し,以後画壇の主流となった。他方,西欧の水彩画法を学んだ先住民アボリジニーの画家ナマジラは,4万年に及ぶアボリジニーの土着の感覚をオーストラリア白人に紹介,アボリジニー画家の先駆となった。1930年代になると,文学や美術の分野で1890年代に確立した文化ナショナリズムが偏狭かつ時代遅れなものとなったので,それを脱皮しようとする動きが現れた。…

※「ナマジラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナマジラの関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語ホークアボリジニーオーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリアン・キャトル・ドッグオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone