コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルマダ川 ナルマダがわNarmada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルマダ川
ナルマダがわ
Narmada

別称ナルバダ Narbada川。インド中西部の川。マディヤプラデーシュ州南東部,マイカラ山地のアマルカンターク付近に源を発し,サトプラ山脈北麓を西流して,グジャラート州のバルチ西方でカンベイ湾に注ぐ。全長 1290km。ガンジス=インダス平原部とインド半島の高原部を分ける重要な指標となっている。灌漑にはほとんど利用されておらず,水上交通も下流部でしか行われないが,河谷沿いの道路はガンジス川流域平野とアラビア海沿岸を結ぶ交通路として古くから重要な役割を果した。ヒンドゥー教の聖なる川の一つで,沿岸には聖地が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルマダ川
なるまだがわ
Narmada

インド中部を西流する川。インド半島北部のマイカラ山脈に源を発し、ヒンドスタン平野デカン高原を境する位置を西南西に流れてカンベイ湾に注ぐ。全長1300キロメートル。ナルバダNarbada川ともいう。並走する北側のビンジャ山脈と南側のサトプラ山脈に挟まれて流域は細長い。川沿いの段丘上には旧・中石器時代の遺跡が数多く存在する。タワ総合開発計画などによるダム建設が上流域で進行中である。この川はシバ神の身体から発しているとされ、インドではガンジス川に次ぐ聖河である。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナルマダ川の関連キーワードマディヤ・プラデシュホシャンガーバードプラティーハーラ朝ハルシャバルダナビンディア山脈マヘシュワルジャバルプルナルシマプルバーグ石窟ヤーダバ朝タプティ川マンダータブローチインド史カンドワマンドラデカンマウ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android