コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンタケット島 ナンタケットとうNantucket Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンタケット島
ナンタケットとう
Nantucket Island

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州沖合いの島。コッド岬から約 40km南にある。長さ 25km,幅約 5km。インディアンの言葉で「はるかなる島」の意。 18世紀初頭より捕鯨業の中心として栄えたが,20世紀以降急速に衰退し,現在は観光地,保養地である。植民地時代の家屋,丸石畳の道路,鯨博物館,美術館がある。人口 4012 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナンタケット‐とう〔‐タウ〕【ナンタケット島】

Nantucket》米国マサチューセッツ州南東部、コッド岬南方約40キロメートルに浮かぶ島。19世紀に捕鯨産業で栄え、メルビルの小説「白鯨」にもその名を残す。現在は観光・保養地として知られる。中心地はナンタケットタウン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナンタケット島の関連キーワードミルフォードヘーブンアメリカ合衆国オークブラフハイアニス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナンタケット島の関連情報