コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンタケット島 ナンタケットとうNantucket Island

2件 の用語解説(ナンタケット島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンタケット島
ナンタケットとう
Nantucket Island

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州沖合いの島。コッド岬から約 40km南にある。長さ 25km,幅約 5km。インディアンの言葉で「はるかなる島」の意。 18世紀初頭より捕鯨業の中心として栄えたが,20世紀以降急速に衰退し,現在は観光地,保養地である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナンタケット‐とう〔‐タウ〕【ナンタケット島】

Nantucket》米国マサチューセッツ州南東部、コッド岬の南方約40キロメートルに浮かぶ島。19世紀に捕鯨産業で栄え、メルビルの小説「白鯨」にもその名を残す。現在は観光・保養地として知られる。中心地はナンタケットタウン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナンタケット島の関連情報