コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーゼモル・エスラーム・ケルマーニー Nāẓem al‐Eslām Kermānī

1件 の用語解説(ナーゼモル・エスラーム・ケルマーニーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナーゼモル・エスラーム・ケルマーニー【Nāẓem al‐Eslām Kermānī】

1863‐1918
近代イランの歴史家。故郷ケルマーンで伝統的なウラマー教育を受けたあとテヘランに出て,1902∥03年から新聞《ノウルーズ》を週刊で出すかたわら,05年2月,秘密結社を結成してイラン立憲革命に参加した。主著《イラン人の覚醒の歴史》(1910)は立憲革命の運動の過程を日誌の形で記述しており,第一級の史料となっている。【坂本 勉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ナーゼモル・エスラーム・ケルマーニーの関連キーワード米騒動中島名左衛門歴史小説ドイツ映画干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争売られた花嫁ゲティスバーグ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone