コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーゼモル・エスラーム・ケルマーニー Nāẓem al‐Eslām Kermānī

世界大百科事典 第2版の解説

ナーゼモル・エスラーム・ケルマーニー【Nāẓem al‐Eslām Kermānī】

1863‐1918
近代イランの歴史家。故郷ケルマーンで伝統的なウラマー教育を受けたあとテヘランに出て,1902∥03年から新聞《ノウルーズ》を週刊で出すかたわら,05年2月,秘密結社を結成してイラン立憲革命に参加した。主著《イラン人の覚醒の歴史》(1910)は立憲革命の運動の過程を日誌の形で記述しており,第一級の史料となっている。【坂本 勉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android