コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラン立憲革命 イランりっけんかくめいInqilāb-i Mashrūṭeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラン立憲革命
イランりっけんかくめい
Inqilāb-i Mashrūṭeh

イランでカージャール朝専制打倒のため,1905~11年に行われた市民革命。帝政ロシアの干渉で挫折した。 20世紀初頭,カージャール朝は下からの改革の要求をもはや押えることができなくなり,05年にはテヘラン市民による抗議運動がウラマーを先頭に明確な政治目標を掲げるようになった。 06年6~7月には弾圧に抗議した商人,職人がバストを求めてイギリス公館内に避難したり,聖廟にたてこもった。8月5日,国王は余儀なく国民議会招集の勅令を発した。 10月8日国民議会が開会され,08年6月 23日の国王による反革命までの時期を第1次立憲制という。議会には商工業組合の親方が多数選出された。この間にテヘラン,タブリーズなどの都市に商工業組合別,地区別の多数の立憲派組織アンジュマンが結成されて議会を専制側の攻撃から防衛しようとした。この間 07年英露協商が結ばれ,イラン分割を帝国主義両国が相互に承認し合った。 08年6月 23日,ロシアにあと押しされて王朝側は立憲制を打倒するため議会を砲撃し,テヘランに戒厳令を布告した。この専制復活に反対してタブリーズではモジャーヘダーン (市民軍) が武装蜂起し,立憲派の拠点となった。 09年7月 16日レシト市民軍とバフティヤーリー族らが南北からテヘランを攻撃して立憲制を回復した。第2議会は保守対革新が対立した。 11年 12月ロシア軍はモジャーヘダーン側の発砲を口実に市内に侵入し,立憲革命に干渉した。ロシア軍はタブリーズ,レシト,マシュハドで略奪,暴行,虐殺を働き,ここにモジャーヘダーンは武装解除された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イラン立憲革命【イランりっけんかくめい】

1905年―1911年イランのカージャール朝下で起きた政変。イラン王政が英国,ロシアへの従属を深めるなか,1905年,商人層,ウラマー,都市住民を取り込んだ大衆蜂起が起き,国民議会の開設,憲法制定,外国勢力の排除を訴えた。
→関連項目タブリーズ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イランりっけんかくめい【イラン立憲革命】

1905‐11年カージャール朝下のイランにおける政治変動。対外的従属を深める同王朝権力に対する大衆蜂起を通じて,イラン史上初の国民議会Majles‐e shūrā‐ye mellīと憲法Qānūn‐e asāsīとを成立させ,イラン史の重大な画期をつくり出したが,反革命としての英露協商など外国の干渉によって挫折させられた。1905年12月,砂糖価格の急騰を理由にテヘランの砂糖商人が逮捕され処罰を受けたことを不満としてテヘランのバーザールでバスト(一斉閉鎖)が開始された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイラン立憲革命の言及

【イラン】より

…こうして高まった不満や反発が,一気に噴出するのがタバコ・ボイコット運動(1891‐92)であり,それはイラン民族運動の起点として位置づけられている。さらに,西欧列強への従属化を阻止しえなかったというよりは,結果としてその推進役を果たしたカージャール朝の専制支配に対する批判が強まっていくなかで,反列強・反専制闘争として展開されたのがイラン立憲革命(1905‐11)であった。この革命を通じてイランが獲得した最大の成果である国民議会majles‐e shūrā‐ye mellī(1906年10月開設)は,支配層の経済的基盤となっていたトゥユール制を廃止し,王族への年金の削減を行うなど,専制支配の基盤の切りくずしを図る一方,外国への利権譲渡および借款導入の拒否,外国人官吏の追放,国民銀行の設立等の方針を打ち出し,イラン経済の再建と政治的自立への道を邁進(まいしん)する。…

※「イラン立憲革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イラン立憲革命の関連キーワードジャマーロッディーン・イスファハーニーナーゼモル・エスラーム・ケルマーニーナーゼモル・エスラーム・ケルマーニーエドワード・グランヴィル ブラウンジャマーロッディン‐イスファハーニフィダーイヤーネ・イスラームY. ドウラターバーディーアーレフ・カズビーニートルクマンチャイ条約カバームッ・サルタネA. ラーフーティードウラターバーディーマルコーム・ハーンサッタール・ハーン国民議会[イラン]西アジア史(年表)ハイダル・ハーンアフマド・シャーM. ターリボフアフマド・シャー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android