コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニアニ ニアニNiani; Nyani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニアニ
Niani; Nyani

マリとギニアの国境,ニジェール川の支流サンカラニ川左岸にある古代マリ帝国の首都。この王国は,13世紀に金市場を握ったカンガバ王国が,近隣諸部族を征服して建てたものである。 1324年,メッカ巡礼の途中カイロに立寄り,莫大な金をばらまき,カイロの金相場に大きな影響を与えたといわれるマンサ・ムーサの頃が全盛期だった。その後,モシ族,トゥアレグ族ソンガイ族の侵略を受け,マリ帝国はもとのカンガバ王国へと後退した。ニアニ首都説にはいくつか異論があり,最近の発掘でも決定的な証拠は発見されなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニアニの関連情報