コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニアラ ニアラ nyala

翻訳|nyala

2件 の用語解説(ニアラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニアラ(nyala)

ウシ科の哺乳類で、レイヨウの一種。エチオピアに生息。頭胴長1.5~2.5メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ニアラ【nyala】

雄が長さ80cmに達するらせん状にねじれた角をもつアフリカ南部産のアンテロープ。偶蹄目ウシ科の哺乳類。雄の腹面に長い毛が密生するのが特徴。体色は雌雄で大きく異なり,雄では灰褐色,雌では明るい栗色。ともによく目だつ白の縞模様がある。体長135~155cm,肩高80~120cm,体重112~127kg。雄のほうが雌より大きい。水場近くの灌木林あるいは草原に,数頭の雌雄別,あるいは雄1頭に雌数頭の群れを基本として生活し,ときにこれらの群れが集まった40頭くらいまでの大きな群れが見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニアラの関連キーワードピロリ菌貝塚伊吹捩れ錐捩れ秤ワープ腔線捩れ振子ねじれた家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニアラの関連情報