羚羊(読み)れいよう

精選版 日本国語大辞典「羚羊」の解説

れい‐よう ‥ヤウ【羚羊】

〘名〙
① 哺乳類偶蹄目ウシ科に属し、体形が鹿に似て、四肢の細長い種類の総称。アフリカ・インドの草原に分布。草食性で、走るのが速い。角は枝分かれしない。イランド・インパラ・トムソンガゼル・オリックスなど種類が多い。
※仮名草子・智恵鑑(1660)二「羚(レイヨウ)といふひつじの角にてくだきこころみ給ふへし」 〔本草綱目‐部・羊・釈名〕
② =かもしか(羚羊)〔塵芥(1510‐50頃)〕

かも‐しし【羚羊】

〘名〙 「かもしか(羚羊)」の古名。《季・冬》
※名語記(1275)三「かもししといへる獣あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「羚羊」の解説

れい‐よう〔‐ヤウ〕【×羚羊】

偶蹄ぐうてい目ウシ科の哺乳類のうち、ウシ亜科・ヤギ亜科を除いたものの総称。一般に、乾燥した草原にすみ、脚は細長くて走るのが速い。角の形状はさまざまで、雄だけ、または雌雄ともにある。アフリカからインド・モンゴルにかけて分布。インパラエランドヌーオリックスガゼルなど。日本ではカモシカと混称されてきた。アンテロープ
[類語]綿羊ラム山羊羚羊かもしか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「羚羊」の解説

羚羊 (カモシカ)

動物。ウシ科カモシカ属に含まれる動物の総称

羚羊 (レイヨウ)

動物。ウシ科の一種の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

普及版 字通「羚羊」の解説

【羚羊】れいよう(やう)

かもしか。夜、角を木にけて眠るという。〔滄浪詩話弁〕詩なるは、性を吟詠するなり。人、唯だ興趣は、羚羊、角を掛け、の求むべき無きに在り。故に其の妙處は、(とうてつ)(れいろう)、湊泊すべからず。

字通「羚」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android