コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニイカ族 ニイカぞくNyika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニイカ族
ニイカぞく
Nyika

ミジケンダ族 Mijikenda,ニカ族 Nikaともいう。ケニア,タンザニアの海岸線に沿った地域に住むバンツー語系諸族スワヒリ語を話す者もおり,アラブの影響もかなり顕著である。ディゴ,ギリャマ,ドゥルマ,ジバナ,ラバイ,リベ,チョニイ,カウラ,カンベの諸民族を含み,総人口は 100万以上と推定される。おもに農耕に従事し,とうもろこし,雑穀類,キャッサバなどをつくっているが,民族によっては牧畜や漁業も重要である。また交易も古くから盛んであった。一般に父系氏族リニージがみられるが,母系リニージが同時にみられることもある。年齢組体系は高度に発達しており,13の循環型をとる。これはかつては政治的にも重要であった。多くはイスラム教徒であるが,キリスト教徒もおり,祖先崇拝が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android