ニイガタヤチネズミ(読み)にいがたやちねずみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニイガタヤチネズミ
にいがたやちねずみ / 新潟谷地鼠
red-backed vole
[学]Aschizomys niigatae

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目キヌゲネズミ科の動物。本州中部のおもに亜高山帯から高山帯の森林に生息している。富士山にはいない。長野市近郊では海抜400メートルの低地にも生息している。頭胴長10~12センチメートル、尾長6~8センチメートル、体重40~50グラム。春から夏に出産、1産2~7子。乳頭4対。草食性で大臼歯(きゅうし)も無根歯。トウホクヤチネズミ(東北地方)、ワカヤマヤチネズミ(紀伊半島)とともに、ヤチネズミと総称される。これらが別種であるか否かについては、まだ解決されていない。[宮尾嶽雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニイガタヤチネズミの言及

【ヤチネズミ(谷地鼠)】より

…齧歯(げつし)目ネズミ科ヤチネズミ属Clethrionomysの総称であるが,別属のニイガタヤチネズミ属Aschizomysのものをも含めることがある。狭義のヤチネズミはハタネズミによく似るが尾が長く,背が赤い。…

※「ニイガタヤチネズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android