コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニカイア信条 ニカイアしんじょうNicene Creed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニカイア信条
ニカイアしんじょう
Nicene Creed

(1) 第1回ニカイア公会議 (325) において採択された信条。エルサレム教会の洗礼式の信条を土台に,アリウス派に対して正統信仰を擁護する目的でつくられ,一部議員の躊躇を押切ってホモウシオス (同一実体の) という聖書にはみられない神学用語を挿入して父と子の絶対的同一性を強調。さらにアリウス主義に対する4つのアナテマ (断罪文) が付加された。 (2) ニカイア=コンスタンチノポリス信条の略称としても用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニカイア信条の関連キーワードグレゴリオス(ニッサのグレゴリオス)ニカイア=コンスタンチノポリス信条フラビアヌス1世[アンチオキア]コンスタンチノープル公会議キュリロス[エルサレム]ユスティニアヌス(1世)テオドシウス(1世)南インド合同教会エフェソス公会議キリスト教用語集ランベス四綱領カトリック教会ユリウス1世アタナシウスエウセビウス東方正教会聖子従属説カトリック宗教会議使徒信条

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android