ニクズク科(読み)ニクズクか(英語表記)Myristicaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクズク科
ニクズクか
Myristicaceae

双子葉植物モクレン目に属する1科。旧大陸熱帯,特に熱帯アジアに多く,18属約 300種が分化している。常緑高木で,単純形,全縁の厚い葉をもち,葉に油点があって精油成分を含むため芳香をもつものが多い。雌雄異株で,雌花雄花とも総状や集散状の花序 (→総状花序 , 集散花序 ) をつくる。花は3数性で花被片は3~5片。おしべは3~30本ある。果実肉質で熟すと割れる。ニクズクは香料のナツメグの原料植物として有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android