コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニケフォロス[2世] Nikēphoros II

世界大百科事典 第2版の解説

ニケフォロス[2世]【Nikēphoros II】

912‐969
ビザンティン皇帝。在位963‐969年。小アジアの大豪族フォカス家出身の軍人皇帝。ロマノス2世治下にクレタ島イスラム軍から奪回(961)。同帝死後皇妃テオファノTheophanōと結婚,先帝の遺児と並んで皇帝となる。キプロス島(965),アンティオキア(969)をイスラム軍から奪回。大土地所有層を優遇し,一般には厳しい財政方針で臨んだが,妻テオファノと共謀したヨハネス将軍(後のヨハネス1世)に暗殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ニケフォロス[2世]の関連キーワードニケフォルス2世エパルキコン・ビブリオン冷泉天皇ユークリッドの互除法朱全忠オレーグ紀長谷雄朱全忠レオ[6世]朱全忠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android