コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍人皇帝 グンジンコウテイ

デジタル大辞泉の解説

ぐんじん‐こうてい〔‐クワウテイ〕【軍人皇帝】

古代ローマ帝国の内乱時代、235年から285年にかけて、各地軍隊によって擁立された皇帝たちの総称。50年間に18人(共同統治者を含めると26人)が帝位につき、そのほとんどが暗殺された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんじんこうてい【軍人皇帝】

ローマ帝政期の内乱時代、軍隊によって擁立された皇帝。235年から50年間、二六名が帝位につき、そのほとんどは治世半ばで命を失った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍人皇帝
ぐんじんこうてい
Soldier Emperors

ローマ帝政時代の元首政から専制君主政への移行期において、軍隊に擁立された皇帝。セウェルス・アレクサンデル帝の殺害(235)からディオクレティアヌス帝の登極(284)に至るおよそ半世紀間を、とくに軍人皇帝時代とよぶ。
 2世紀末以後のセウェルス朝の支配は、帝国統治における軍事面の重視を招き、軍隊が横暴になった。そのため、ローマ帝国は政治的、軍事的混乱に陥り、全面的、状態的、集団的あるいは慢性的危機の現象を呈した。この期間、帝位についた者は僭称(せんしょう)者も含めて26人に及ぶが、そのうち天寿を全うした者は2人にすぎない。帝国西部におけるゲルマン人の侵入や東部におけるササン朝ペルシアの攻勢、あるいは帝国内分離国家の成立といった重圧に苦しみながら、諸帝は、元老院議員などの富裕階層の財産没収、兵士の騎士身分への昇進などによって危機の打開を図った。とくにガリエヌス帝とアウレリアヌス帝は、軍制改革に一定の成果を収めたが、相次ぐ戦費・軍事費の圧迫による莫大(ばくだい)な財政支出、および貨幣改悪と通貨増発といった経済的混乱は、3世紀末まで収拾されなかった。[本村凌二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

軍人皇帝の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)ニケフォロス[2世]元老院[古代ローマ]フリードリヒ・カルル軍制[古代ローマ]ミハエル[8世]ローマ史(年表)古代ローマ帝国パスケービッチベリサリオスドミナトゥスマクシミヌスクインチルスセウェルス朝イトゥルビデパンノニアデキウス四分統治兵制

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android