コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス[アミアン] Nicolaus d'Amiens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラウス[アミアン]
Nicolaus d'Amiens

12世紀後半のスコラ哲学者,神学者。アルビ派などの異端の蔓延に対処するため,信仰を理性的に根拠づけようとして『カトリック信仰論』 Ars catholica fideiを書き,教皇クレメンス3世に献じた。この書は定義,弁別,命題の幾何学的形式に従う三段論法の証明を根幹とした神学論であり,リールのアランの試みと並び称され,かつデカルトやスピノザの論証の先駆とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android