コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラン[リール] Alain de Lille; Alanus de Insulis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラン[リール]
Alain de Lille; Alanus de Insulis

[生]1128頃.リール?
[没]1202. シトー
全科博士の名をもつ博学の神学者,詩人。パリで学び教壇に立ち,晩年をシトー修道院でおくった。学院の枠をこえた説教法を考え,道徳の腐敗を憤り,圧力を増してきたカタリ派,ワルド派の異端とユダヤ教,イスラム教を論駁した。シャルトル学派からプラトン的影響を受け,特にボエチウスに依りつつ,理性的根拠によって異教徒を論駁しようとした。『異端反駁公教信仰論』 De fide catholica contra haereticosの試みは『神学公理』 Maximae theologiaeでさらに徹底され,数学的方法を導入して,一者であり原理である神に絶対確実な論証を与えようとした。この態度はニコラ・ダミアンとともに,デカルトやなかんずくスピノザの先駆として注目に値する。また詩人としては『反クラウディアヌス詩集』 Anticlaudianusと,道徳的退廃を否定し自然を賛美する『自然嘆詠集』 De planctu naturaeを残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アラン[リール]の関連キーワード寂蓮バルデマー(2世)アラヌス[リールの]藤原俊成女スベッレカヌート6世スベッリ・シグルソン源頼家comicoインドネシアの先住民

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android