コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラ・ド・ベルダン Nicolas de Verdun

1件 の用語解説(ニコラ・ド・ベルダンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニコラ・ド・ベルダン【Nicolas de Verdun】

12世紀末ごろから13世紀初頭にかけ,ラインマース(ムーズ)川流域(モザン地方)で活躍した金工家,エマイユ(七宝)師で,ゴシック時代の代表的工芸家。生没年および生涯については不詳。作品として,署名と年記のある51枚のエマイユ板からなる《クロスターノイブルクの祭壇》(1181)や,トゥールネ大聖堂の《聖母の聖遺物箱》(1205)などが知られている。彼はこれらの作品で,浮彫とシャンルベ式エマイユとを巧妙に結びつけ,柔らかい色調の青のエマイユを地にした豪華な装飾を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のニコラ・ド・ベルダンの言及

【七宝】より

…ル・マン美術館)のような大型のものが制作された。モザン地方では,ゴドフロア・ド・クレールGodefroid de Claire(?‐1173)や,ニコラ・ド・ベルダンなどが活躍した。とくにニコラ・ド・ベルダンの51枚のパネルからなる〈クロスターノイブルクの祭壇〉(1181)は有名である。…

【モザン美術】より

…彼の工房作も含め,12世紀中ごろには銀製の《教皇アレクサンデルの頭部の聖遺物》(ブリュッセル王立美術館),《聖霊降臨の祭壇》(クリュニー美術館),《スタブロの携帯用祭壇》(ブリュッセル王立美術館)など,エマイユを施した多くの優れた金銀細工が制作された。こうした土壌の中から,第3の偉大な工芸家ニコラ・ド・ベルダンが生まれる。彼は1181年,《クロスターノイブルクの祭壇》の51枚から成るエマイユ板を完成した。…

※「ニコラ・ド・ベルダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニコラ・ド・ベルダンの関連キーワードイキトスカラッチ芸術学プッチーニポグロムベルエポックモデルニスモ聖母マリア大聖堂タラハシーБургас

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone