コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラ1世 ニコラいっせいNikola (Nikita) I Petrović Njegoš

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラ1世
ニコラいっせい
Nikola (Nikita) I Petrović Njegoš

[生]1841.10.7. モンテネグロ,ニェグシ
[没]1921.3.2. アンティーブ
モンテネグロ公 (在位 1860~1910) ,モンテネグロ王 (在位 1910~18) 。ニキタ1世とも呼ばれる。パリに学び叔父ダニーロ1世の跡を継いで公位につき,法制,教育などの近代化に独裁的手腕をふるった。 1862年ボスニアの対オスマン帝国反乱を援助して失敗したが,1876~78年再度の対オスマン帝国戦争において勝利。しかしベルリン会議 (1878) では併合領土の放棄を強いられ,独立を認められるにとどまった。姻戚外交で国際的地位の改善に努め,セルビア,ロシア,ドイツ,イタリア各王室に娘を輿入れさせたため「ヨーロッパの舅」とあだ名された。 1905年憲法をしいて議会を招集し,1910年王位を宣して南スラブ統一を目指したが,第1次世界大戦で 1916~18年オーストリア軍に国土を占領された。セルビアとの統合を欲した反オーストリア運動の指導者により,戦後追放。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ニコラ1世

生年月日:1841年10月7日
モンテネグロ王(在位1910〜18)
1921年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ニコラ1世の関連キーワードツェティニェニェゴシュ朝ペタル1世生年月日在位

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android