ニタルド(英語表記)Nithard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニタルド
Nithard

[生]790?
[没]844.6.14.
カロリング朝時代のフランク王国の歴史家。カルル1世 (大帝) の外交官で詩人でもあるアンギルベルトとカルルの娘ベルタとの子。 841年のフォントノアの戦いでカルル2世 (禿頭王) の助言者として重要な働きをした。 844年アキタニアのピピン2世との戦いで死んだ。その著『ルイ敬虔王の子供たちの紛争史』 De dissensionibus filiorum Ludovici Pii (843) はカロリング朝の歴史を伝える重要史料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android