コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニタルド Nithard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニタルド
Nithard

[生]790?
[没]844.6.14.
カロリング朝時代のフランク王国の歴史家。カルル1世 (大帝) の外交官で詩人でもあるアンギルベルトとカルルの娘ベルタとの子。 841年のフォントノアの戦いでカルル2世 (禿頭王) の助言者として重要な働きをした。 844年アキタニアのピピン2世との戦いで死んだ。その著『ルイ敬虔王の子供たちの紛争史』 De dissensionibus filiorum Ludovici Pii (843) はカロリング朝の歴史を伝える重要史料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニタルドの関連キーワードヨハネス興法寺廉居和尚浮屠ルイ2世グレゴリウス4世セルギウス2世静安静安瀬戸大橋真柄建設公設派遣村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android