ヨハネス

精選版 日本国語大辞典「ヨハネス」の解説

ヨハネス

(Johannes)
[一] 一二世。ローマ教皇(在位九五五‐九六三)。神聖ローマ帝国初代皇帝オットー一世の戴冠式を行なう。オットーから受けた特権を乱用して罷免された。九六四年没。
[二] 二二世。第三代アビニヨン教皇(在位一三一六‐三四)。教皇庁の財政・司法・行政を改革。「クレメンス教令集」を編纂公布し、神学上の多くの論争を行なった。(一二四五頃‐一三三四
[三] 二三世。教会分裂時代の対立教皇(在位一四一〇‐一五)。一四一三年ウィクリフ説を異端と断定、フスを宗教会議に召喚。一五年教会統一をはかるコンスタンツ宗教会議で罷免された。一四一九年没。
[四] 二三世。ローマ教皇(在位一九五八‐六三)。イタリア人。一九六二年第二回バチカン公会議を召集。六三年、回勅「地上の平和」を発布、世界平和を訴えた。(一八八一‐一九六三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ヨハネス」の解説

ヨハネス(Johannes)

ローマ教皇の名。
(22世)[1245ころ~1334]アビニョン時代の第196代教皇。在位1316~1334。フランスの政策に同調してドイツの皇帝選挙に干渉。教皇庁組織財政再建に努めた。
(23世)[1881~1963]第261代教皇。在位1958~1963。回勅公会議・各国歴訪を通じて、教会合同・世界平和を呼びかけた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヨハネス」の解説

ヨハネス
Johannes

教皇セルギウス2世在位 844~847)の対立教皇(在位 844.1.)。ローマ民衆から強い支持を受けた大司教であり,貴族階級の推すセルギウス2世を退けて 844年1月に教皇に選出された。同時にセルギウス2世も皇帝勅許を得ないままサン・ピエトロ大聖堂で教皇に登位した。ヨハネスはラテラノ宮殿にこもっていたが,貴族らに殺されるところを,セルギウス2世の介入により命を救われ,修道院閉された。844年6月,セルギウス2世はフランク帝国(→神聖ローマ帝国フランク王国)の皇帝ロタール1世(在位 840~855)の承認を受けて正式に教皇となり,それ以降のヨハネスの記録は残されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android