コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス ヨハネスJohannes

2件 の用語解説(ヨハネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス
ヨハネス
Johannes

教皇セルギウス2世(在位 844~847)の対立教皇(在位 844.1.)。ローマの民衆から強い支持を受けた大司教であり,貴族階級の推すセルギウス2世を退けて 844年1月に教皇に選出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヨハネス(Johannes)

ローマ教皇の名。
(22世)[1245ころ~1334]アビニョン時代の第196代教皇。在位1316~1334。フランスの政策に同調してドイツの皇帝選挙に干渉。教皇庁の組織・財政再建に努めた。
(23世)[1881~1963]第261代教皇。在位1958~1963。回勅公会議・各国歴訪を通じて、教会合同・世界平和を呼びかけた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヨハネスの関連キーワード真柄建設公設派遣村小型家電リサイクル紫雲丸沈没事故魚玄機惟喬親王滋野貞主静安橘氏公徳円

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨハネスの関連情報