コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス4世 グレゴリウスよんせいGregorius IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス4世
グレゴリウスよんせい
Gregorius IV

[生]?. ローマ
[没]844.1.25. ローマ
ローマ出身の第101代教皇在位 827~844)。ローマのサン・マルコ大聖堂の司祭枢機卿(→カーディナル)だったが,教皇ウァレンチヌス(在位 827.8.~9.)のあとを継ぎ登位した。フランク帝国(→神聖ローマ帝国フランク王国)の皇帝ルートウィヒ1世(在位 814~840)と,その息子で共同皇帝のロタール1世との間で生じた内紛を調停しようとした。ルートウィヒ1世がロタール1世の異母弟カルル2世にも領土を与えようとした際,ロタール1世の反乱を支援,ロタール1世は 833年ルートウィヒ1世を退位させた(のち復位)。また,諸聖人の祝日(11月1日)を祝うことを公布し,北ヨーロッパに伝道を行なった聖職者アンスガルにパリューム(大司教の権威の象徴である白い帯)を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グレゴリウス4世の関連キーワードセルギウス2世万聖節

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android