コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッカネン Nykänen, Matti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッカネン
Nykänen, Matti

[生]1963.7.17. ユバスキュラ
フィンランドのノルディックスキー選手。ジャンプ競技史上最高の選手といわれる。オリンピック冬季競技大会において,ジャンプ選手として初めて同一大会で3個の金メダルを獲得した。板を左右に広げ体を深く倒し,帆のように風をとらえる独特のフォームで知られる。 17歳のとき,ジュニア世界選手権大会とフィンランド選手権大会ラージヒルで優勝。翌年ホルメンコーレン大会で優勝を飾ったあと,1983,1985,1986,1988年のワールドカップを制覇した。 1984年のサラエボ・オリンピック冬季競技大会で,初めて2個のメダルを手にした (ノーマルヒルで銀,ラージヒルでは圧勝で金) 。続く 1988年のカルガリー・オリンピック冬季競技大会では,ノーマルヒル,ラージヒル,ジャンプ団体とジャンプ3種目すべてで金メダルを獲得した。私生活では飲酒や暴行など悪評が絶えず,数々の問題を起こしたにもかかわらず,輝かしい記録によりフィンランドの国民的英雄となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニッカネンの関連キーワードグレゴア シュリーレンツァウアーカリ ユリアンティラアダム マリシュシモン アマン7月17日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニッカネンの関連情報