コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニハーワンドの戦 ニハーワンドのたたかい

百科事典マイペディアの解説

ニハーワンドの戦【ニハーワンドのたたかい】

642年,ヌーマーンal-Numanの率いる新興アラブ・イスラム軍の侵攻を阻止するため,ササン朝のヤズダギルド3世の大軍が,イラン西部のニハーワンドNihawand(ペルシア語ネハーウェンドNehavend)で迎撃した戦い。
→関連項目ササン朝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニハーワンドのたたかい【ニハーワンドの戦】

642年,アラブ軍がササン朝ペルシア軍を破った戦い。639,640,641年などとする説もある。アラブ軍の主将はヌーマーンal‐Nu‘mān(?‐642)。ニハーワンドNihāwand(ペルシア語ではネハーベンドNehāvend)はイラン高原からイラク北部に抜ける交通路上のザーグロス山中の要所である。イラクを制圧したアラブ軍に対して,イラン高原に退いた皇帝ヤズダギルド3世が最後の決戦を挑んだ。この敗北により,ペルシア軍の組織的抵抗は終わり,ササン朝は事実上滅亡した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のニハーワンドの戦の言及

【ササン朝】より

…しかし,636年にはイスラム勢力の侵入が始まり,翌年カーディシーヤの戦でペルシア軍が敗北し,首都クテシフォンも奪われた。ヤズダギルド3世はメディアに移って再起をはかったが,642年にニハーワンドの戦に敗れ,651年メルブで暗殺された。王子ペーローズ(卑路斯)は中国に逃れ,唐朝の支援を受けてササン朝の回復を企てたが,成功をみないで672年に没した。…

※「ニハーワンドの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニハーワンドの戦の関連キーワード中東史(年表)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android