コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンクモヒトデ ニホンクモヒトデ Ophioplocus japonicus

2件 の用語解説(ニホンクモヒトデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニホンクモヒトデ
ニホンクモヒトデ
Ophioplocus japonicus

棘皮動物門クモヒトデ綱唇クモヒトデ目クモヒトデ科。中央の盤は直径 1.5cm内外で,表面が小さい鱗でおおわれる。5本の腕は長さ5~7cmで細長く,濃緑灰色の地に黒褐色の縞模様がある。本州中部以南の海岸に分布し,磯の石の下などにすんでいて,磯採集で普通にみられる種である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニホンクモヒトデ
にほんくもひとで / 日本蛇尾
[学]Ophioplocus japonicus

棘皮(きょくひ)動物門クモヒトデ綱クモヒトデ科に属する海産動物。本州中部から九州に至る各地の磯(いそ)でもっとも普通にみられる黒ずんだ色の大形クモヒトデ。腕長5~6センチメートル、盤径1.5センチメートルぐらい。腕の側面の棘(とげ)は短くて目だたない。盤の表面は細かい鱗(うろこ)で覆われる。腕に濃淡の横縞(よこじま)がある。中国東南部沿岸にも分布する。本種に外観がきわめてよく似たトウメクモヒトデOphiarachnella gorgoniaは、盤の表面が顆粒(かりゅう)で覆われていることによって識別される。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニホンクモヒトデの言及

【クモヒトデ(蜘蛛海星)】より

…ほとんどが自由生活をするが,ニシキクモヒトデが腔腸動物のイソバナの表面に巻きついて生活するように他の動物と共生する種類も多い。 クモヒトデ(またはニホンクモヒトデ)Ophioplocus japonicusは北海道を除く日本全域の潮間帯にふつうに見られ,石の下などにすむ。全体は濃緑灰色で,腕にやや不規則な縞模様がある。…

※「ニホンクモヒトデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニホンクモヒトデの関連キーワード棘皮動物雲肘木蜘蛛海星手蔓藻蔓クモヒトデ(蜘蛛海星)チョウセンクモヒトデヒトデ(海星∥人手)アゴクモヒトデウデフリクモヒトデニシキクモヒトデ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone