ニホントカゲ(読み)にほんとかげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニホントカゲ
にほんとかげ / 蜥蜴・石竜子
skink
[学]Eumeces latiscutatus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目スキンク科のトカゲ。北海道、本州、四国、九州および大隅諸島(おおすみしょとう)などの離島に分布する。全長20~25センチメートル、その約5分の3を占める尾は自切し再生する。胴は円筒形で、成熟個体ではやや扁平(へんぺい)となり、頭部も幅広くなる。体鱗は滑らかで瓦(かわら)を並べたように重なり、各鱗には皮骨板があって堅い。体鱗は胴の中央部で平均26列。幼体の背面は黒地に5本の黄白色縦条が走り、尾部は鮮やかな青色で光沢がある。背面は成長に伴い茶褐色となって縦条が薄れ、体側の幅広い黒帯のみが残り、尾の青色が消失する。海岸付近から山地までの草地、山道、堤から庭先まで普通にみられる。石垣や崖(がけ)に穴を掘ってすみかとし、行動は敏捷(びんしょう)である。日なたと日陰との間を移動することで体温調節を行う。餌(えさ)は昆虫、クモ、ミミズなどである。初夏に5~16個を産卵し雌が保護する。日本産のトカゲ類では、先島(さきしま)諸島産で同じスジトカゲ属のキシノウエトカゲE. kishinouyeiが最大で、全長20~39センチメートルに達する。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニホントカゲの言及

【トカゲ(蜥蜴)】より

…広義にはトカゲ亜目Lacertiliaに属する爬虫類を指し,英名でlizardと呼ばれ,上記のほかイグアナヤモリカメレオンカナヘビアガマなどの各科も含まれる。
[形態]
 日本でふつうトカゲと呼ばれるものはトカゲ属Eumecesに含まれ,北海道,本州,四国,九州および周辺の離島にニホントカゲE.latisctatus(イラスト)が分布し,伊豆諸島にオカダトカゲE.okadae,南西諸島にはオキナワトカゲE.marginatus,バーバートカゲE.barbouriなど6種が分布する。これらは典型的な〈トカゲ型〉をしており,いずれも形態,生態ともに類似し,種によってわずかに体鱗のようすや数に相違が見られる。…

※「ニホントカゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android