コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューギニア・インパチエンス ニューギニア・インパチエンスImpatiens New Guinea Hybrids

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューギニア・インパチエンス
Impatiens New Guinea Hybrids

ツリフネソウ科ツリフネソウ属の多年草。ニューギニアに自生する原種をもとにつくられた園芸品種群で,アメリカで育種が進められた。3~7cmになる大輪の花と,しばしば主脈に沿って斑 (ふ) の入る披針形の葉に特徴がある。花は左右相称の5弁花で平開し,花色は赤色,橙色,紫紅色,桃色,白色,複色など多彩。アフリカホウセンカ (→インパチエンス ) よりも夏の高温や冬の低温に弱く,園芸的には一年草として扱われることが多い。半日陰で管理し,水切れに注意する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android