コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリフネソウ科 ツリフネソウか Balsaminaceae

2件 の用語解説(ツリフネソウ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリフネソウ科
ツリフネソウか
Balsaminaceae

双子葉植物ムクロジ目の1科。北半球の暖温帯から熱帯に4属約 500種がある。いずれも軟質の茎をもつ一年草ないし多年草で,小型のものが多い。茎は水分が多くやや多肉状で,葉は互生する。花は両性花で左右相称形,5数性であるが萼片の2枚は退化し1枚は嘴状のとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツリフネソウ科
つりふねそうか
[学]Balsaminaceae

双子葉植物、離弁花類。一年草または多年草。茎は柔らかい。葉は薄く、互生まれに対生。花は5数性で左右相称。萼片(がくへん)は5枚、しばしば上側の2枚は退化し、下側の1枚は後方に伸びて距(きょ)をつくり、花弁と同じ色になる。花弁は5枚。雄しべは5本、葯(やく)は互いに合着して花柱を覆う。子房は5室、多数の胚珠(はいしゅ)がある。果実は(さくか)、裂開して種子を飛ばす。おもに北半球の温帯に、一部は熱帯に分布し、4属600種ほど知られる。日本にはツリフネソウ、キツリフネなど3種が野生し、ホウセンカ、アフリカホウセンカなどが栽培される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツリフネソウ科の関連キーワード北半球双子葉植物単子葉植物主根浜靫網状脈双子葉類リュウガンカバノキ[科]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツリフネソウ科の関連情報