コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリフネソウ科 ツリフネソウかBalsaminaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリフネソウ科
ツリフネソウか
Balsaminaceae

双子葉植物ムクロジ目の1科。北半球暖温帯から熱帯に4属約 500種がある。いずれも軟質をもつ一年草ないし多年草で,小型のものが多い。茎は水分が多くやや多肉状で,葉は互生する。花は両性花で左右相称形,5数性であるが萼片の2枚は退化し1枚は嘴状のとなる。また,花弁のうち側弁2枚は特に大きい。おしべは5本。果実は細長い円柱状の蒴果で熟すと反転開裂し,小さな種子を遠くへ飛ばす。ツリフネソウ属 Impatiensの2~3種が日本にも自生するほか,同属のホウセンカ (鳳仙花) や,属名を商品名とした外来種のインパティエンスなど,園芸植物が多数ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツリフネソウ科
つりふねそうか
[学]Balsaminaceae

双子葉植物、離弁花類。一年草または多年草。茎は柔らかい。葉は薄く、互生まれに対生。花は5数性で左右相称。萼片(がくへん)は5枚、しばしば上側の2枚は退化し、下側の1枚は後方に伸びて距(きょ)をつくり、花弁と同じ色になる。花弁は5枚。雄しべは5本、葯(やく)は互いに合着して花柱を覆う。子房は5室、多数の胚珠(はいしゅ)がある。果実は(さくか)、裂開して種子を飛ばす。おもに北半球の温帯に、一部は熱帯に分布し、4属600種ほど知られる。日本にはツリフネソウ、キツリフネなど3種が野生し、ホウセンカ、アフリカホウセンカなどが栽培される。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツリフネソウ科の関連キーワードニューギニア・インパチエンスツリフネソウ(釣船草)ツリフネソウ(釣舟草)ホウセンカ(鳳仙花)アフリカホウセンカインパチエンスアフリカ鳳仙花ツリフネソウキツリフネ黄釣舟美人草吊船草釣船草黄釣船爪根花同属山崎鳳仙爪紅飛草

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android