コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インパチエンス インパチエンス Impatiens; balsam

6件 の用語解説(インパチエンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インパチエンス
インパチエンス
Impatiens; balsam

本来,ツリフネソウ科ツリフネソウ属の総称であるが,園芸的にはアフリカホウセンカ I.wallerianaの園芸品種群をさす。熱帯アフリカ原産の多年草。草丈 30~50cmで,披針形の葉は互生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インパチエンス(〈ラテン〉Impatiens)

ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草。南アフリカ原産。観賞用に栽培される。花は赤、桃白色。日陰地に向く植物として注目されている。アフリカホウセンカ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インパチエンス

アフリカホウセンカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

インパチエンス【Impatiens】

インパチエンスといえばツリフネソウ科のツリフネソウ属を指すが,園芸界ではアフリカホウセンカの呼名となっている。アフリカホウセンカI.sultani Hook.f.(イラスト)は花色も豊富に改良され,年間を通じて開花するので,鉢植えや花壇で楽しめる。原産地ザンジバル。現地では30~60cmになる多年草であるが,改良種には矮性種もあり,花色も橙,紅,白,ピンク,紫紅などがあり,斑入りの花や葉もある。草丈は30~50cm,茎は多肉質で節はふくれ,よく分枝して長い距のあるやや不整形の5弁花を平開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

インパチエンス【Impatiens】

ツリフネソウ科の植物の総称。
のうち、特にアフリカホウセンカの園芸上の名称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インパチエンス
いんぱちえんす
[学]Impatiens sultanii Hook.

ツリフネソウ科の多年草であるが、園芸上は一年草として扱う。南アフリカ原産。和名アフリカホウセンカ。最近は品種改良が進み、一代交雑種の矮性(わいせい)多花の栽培しやすいものが多く利用される。夏花壇、吊(つ)り鉢、プランター植えなどによく、半日陰にも育ち、樹陰でもよく開花する観賞価値の高い植物である。花色も豊富で、赤、桃、橙(だいだい)、赤紫、白やそれらの白覆輪咲きなど非常に多彩で、八重咲きや葉に白斑(ふ)入りのものなどもある。近年ニューギニア・インパチエンスNew Guinea hybr.といわれる大輪系の新種が開発され、銅葉、白黄斑葉など複雑な覆色葉をもつ大形品種があり、ほとんどの品種に植物特許がついていて自家増殖が禁じられている。栽培は実生(みしょう)、挿芽も容易で、実生は20~25℃でよく発芽する。発芽後は軽く日よけをして育苗し、徐々に日当りを強くしながら育てる。生育適温は20℃内外である。ニューギニア系、八重咲き系は挿芽で繁殖する。川砂などに挿芽をし、20~25℃で約2週間後に発根する。移植後は日よけをし、活着をよくする。生育が旺盛(おうせい)で水を好むため灌水(かんすい)は十分にする。根詰まりをおこしやすいので早めの植え替えをし、追肥を施すと長期間花を咲かせることができる。[金子勝巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインパチエンスの言及

【ツリフネソウ(釣舟草)】より

…山間の湿地に生えるツリフネソウ科の一年草(イラスト)。花は舟形で花柄の先にぶら下がって咲き,熟した果実はふれると急にはじけて種子を飛ばす。属名のImpatiensは〈がまんできない〉という意味。日本全国のほか朝鮮や中国東北部にも分布する。茎は高さ50~80cm,よく分枝し,節はふくれる。葉は互生し,葉柄は長さ1~4.5cm,葉身は卵形で長さ6~14cm,円鋸歯がある。花序は総状,上部の葉腋(ようえき)から出,太い腺毛が目だつ。…

※「インパチエンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インパチエンスの関連キーワードキツリフネアフリカホウセンカ黄釣船釣鐘草釣船草どんぱち鑿と言えば槌釣船ツリフネソウ(釣舟草)ツリフネソウ属

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone