コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュールック心理学 ニュールックしんりがくnew look psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュールック心理学
ニュールックしんりがく
new look psychology

社会的知覚の研究を主要目的にした心理学の一分野。興味,欲求,期待,情緒ないしパーソナリティなどの主体的条件や,個体がおかれている社会的,文化的状況が対象の知覚に及ぼす影響を重視して,もっぱらそれを知覚研究の課題とした一連の研究動向である。 1940年代後半 J.S.ブルーナー,L.ポストマンらにより唱道され,以後反証実験も含めて多くの実験的研究が提出され論議を呼んだ。貧富の差と貨幣の大きさの知覚との関係を示す実験やタブー語に対する知覚防衛を証明する実験などが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニュールック心理学の関連キーワードJ.S. ブルーナーL.J. ポストマン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android