ニョイスミレ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニョイスミレ
にょいすみれ / 如意菫
[学]Viola verecunda A. Gray

スミレ科の多年草。ツボスミレともいう。地上茎は普通は斜め上に伸びる。葉は腎心(じんしん)形でやや柔らかく、長さ3~4センチメートル、幅4~5センチメートル、托葉(たくよう)には少数の欠刻がある。花柄は茎の上部の腋(えき)から出る。4~6月、径1~2センチメートルの白色または淡紫色の花を開く。下弁の距(きょ)は短く、半球形。アジアの湿った場所に広く分布する。形態の変異に富み、いくつかの変種がある。葉身が半月形になる型があり、そのなかで大きくて茎が立つものを変種アギスミレといい、主として東北地方に分布し、小形で茎が横にはい、節から根が出るものを変種ヒメアギスミレという。さらに小形で葉の幅が普通は約5ミリメートルの変種が九州屋久(やく)島にあり、コケスミレという。[橋本 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニョイスミレの言及

【スミレ】より

…スミレに似て,めしべの花柱が膨らみ,カマキリの頭に似たものは,染色体の基本数もスミレなどと同じで,スミレなどと比較的近縁であると考えられる。その中でニョイスミレV.arcuata Bl.(ツボスミレ)は東アジア冷温帯から東南アジアやニューギニアまでの日当りのよい湿った場所に生え,日本ではしばしば雑草となっている。地域的に形態の変異があって,そのいくつかは変種として区別されるが,日本の人家付近に多い型は根茎が短く,茎は斜上または倒伏し,葉身は三角状腎円形で先が鈍く,托葉の縁の切れ込みは浅くまばらである。…

※「ニョイスミレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android