コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンバ山 ニンバサン

デジタル大辞泉の解説

ニンバ‐さん【ニンバ山】

Mont Nimba》アフリカ西部、ギニアとコートジボワールの国境に位置する山。標高1752メートル。両国とリベリアにまたがるニンバ山地の最高峰であり、リベリア領内以外は自然保護区に指定。1981年にはニンバ山厳正自然保護区として世界遺産(自然遺産)に登録された。周辺には良質な鉄鉱石を産する鉱山が多く、特にリベリア側で開発がすすめられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンバ山
にんばさん
Mounts Nimba

アフリカ西部、ギニアコートジボワールの国境にそびえる山。標高1752メートル。ギニア、リベリア、コートジボワール三国の国境地帯にあるニンバ山地の最高峰である。付近一帯は、良質の鉄鉱石を産することで知られる。[田村俊和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android