コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンマーザット Nimmersatt

1件 の用語解説(ニンマーザットの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニンマーザット【Nimmersatt】

ドイツで,〈異常な大食らい〉〈呑兵衛(うわばみ)〉〈飽くなき貪欲〉といった意味のあだ名。〈ハンスニンマーザット〉とも言う。《ライネケ狐》にすでに用例がみられるが,一般的になるのは,1663年にウィーンの外堀で捕らえられた大型の珍鳥が,1度に4kgもの魚を平らげ〈ニンマーザット〉と呼ばれて以来のことらしい。これによってペリカンに似た餌袋をもつコウノトリ科のこの鳥(イビス)は,小アジア(アナトリア)では群れをなして池の水を飲み干し魚を捕るという風聞が広まったのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニンマーザットの関連キーワード食らい込む食らい付く食らう酒食らいドイツ鯉食らひ詰め食らい酔う統一ドイツ飲兵衛面食らう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone