コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンマーザット Nimmersatt

1件 の用語解説(ニンマーザットの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニンマーザット【Nimmersatt】

ドイツで,〈異常な大食らい〉〈呑兵衛(うわばみ)〉〈飽くなき貪欲〉といった意味のあだ名。〈ハンスニンマーザット〉とも言う。《ライネケ狐》にすでに用例がみられるが,一般的になるのは,1663年にウィーンの外堀で捕らえられた大型の珍鳥が,1度に4kgもの魚を平らげ〈ニンマーザット〉と呼ばれて以来のことらしい。これによってペリカンに似た餌袋をもつコウノトリ科のこの鳥(イビス)は,小アジア(アナトリア)では群れをなして池の水を飲み干し魚を捕るという風聞が広まったのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone